ヘナと子宮

シェアする

こんにちは!5月もあと少しで終わっちゃう!紫陽花が綺麗な季節にはいりますね

本日はまたヘナブログになるのですが

ヘナと女性の関係性の深さについてブログを書いてみたいと思います

まずヘナと言うのはインドの伝承医学であるアーユルヴェーダにおいて何千年も昔から使用されています

アーユルヴェーダとはサンスクリット語で、「生命の科学」といわれ、「アーユス=生命、ヴェーダ=知恵・科学」を意味しています。

クレオパトラがヘナを使用して爪等を染めてたと言うのは有名な話ですよね

この伝承医療 アーユルヴェーダでは「ヘナ= 子宮=血液=神と」言われているくらい

ヘナ植物は古代インドではラクタ(血液)、ガルバ(子宮)と呼ばれ女性には縁が深いんです

そんなヘナの葉っぱには、ナフトニンという成分がありそれは子宮働きを整え生理不順を良くするという効果があると言われていると1990年2月に発表された科学者の論文に記されています記されています

大昔にインドでは牛にヘナを内服させて牛の不妊治療に使われていたようです

インドでは花嫁さんや妊婦さんの体にヘナで絵を描き(メヘンディ)お祝いする位に女性には深い関わりがあります。子宮に良いから!ヘナで妊婦さんのお腹いっぱいにヘナで、描かれた画像は多く見受けられます。

私の世代、40から、55歳位までの更年期世代には、ヘナは、ピッタリなのです

髪や頭皮にたっぷり天然オーガニック100パーセントのヘナを塗ることにより、子宮の働きの低下による更年期のバランスを整えながら、髪の毛も見違えるほど綺麗になる

私はヘナって、自然が女性に与えてくれた、最高の贈り物だと思っています。

だから、同年代の女性には一度試して見て欲しいなって思うですよねー( ´ ▽ ` )

私はこのヘナの香りを嗅ぐだけで、フワッと癒されるんです

ヘナを初めてする方は、見てほしいです↓

ヘナのパッチテストについて

ヘナをし始めてから、私はこんなに変わりました↓

以前の私の髪はこんなにパサパサでした ヘナをしてからこんなに変わったよ

The following two tabs change content below.
山本 真由美
北海道生まれ。某化粧品会社に7年在籍後、美容師となる。1999年世田谷区経堂にHAIR Couleur Claireをオープン。NPO法人日本ヘナ協会プロフェショナルの資格を取得。天然100%ヘナを始めヴィーガン認証パーマなど優しい素材でお客様の毎日が楽しくなるヘアスタイルを提案しています。
山本 真由美

最新記事 by 山本 真由美 (全て見る)

ブログをメールで購読

メールアドレス入力で更新メールでお知らせ

3人の購読者に加わりましょう

シェアする

フォローする