ヘナの歴史と髪の毛に良い理由

ヘナの歴史はメヘンディ(ボディ・ペイント)の歴史からはじまっているようです。5000年以上前から、ヒンドゥー教徒の女性たちの間では、ヘナによるボディ・ペイントが施されていたといいます。その習わしは現代まで連綿と受け継がれ、冠婚葬祭のときには幸福を招く紋様や厄除けの紋様といった宗教的ペイントを手足に描いています。

毛髪の染色やトリートメントという用途も、約5000年の歴史があります。また、史実に裏打ちされた伝承医学(アーユルヴェーダ)の薬用という用途もペイントや染料と並んで盛んだったようです。

私たちが手にするヘナ製品は、南アジアや中東諸国に生育する『HENNA』の葉を乾燥させて粉末にしたもので、日本名では『ミソハギ科指甲花(シコウカ)』といいます。ミソハギ科指甲花は雑草に類するほど丈夫な潅木で、放っておけば3~6メートルに達し、白い花を咲かせ、セネガルやネパール、イギリスでは垣根として利用されたり、芳香を伴うことから、香水のオイルとして採取されたりしています。

ヘナが染色やトリートメントに有効な化学的な根拠をみてみると、ヘナの葉の主成分である『LAWSON(ローソン)』に染色の元となる橙色色素が含まれ、酸性溶液中で毛髪の主成分であるケラチンに絡みつく性質があるために染色効果が生まれます。
トリートメント効果については、ヘナがタンパク質と結合する際に毛表皮に絡み付くように薄い被膜を形成することで効果が生まれています。キューティクルを保護し、髪にハリ、コシ、ツヤを与え、紫外線による毛髪へのダメージも防ぐことができます。さらに、ポリフェノールやビタミン類などが頭皮に対してケア効果を高めています。

ブログをメールで購読

メールアドレス入力で更新メールでお知らせ

2人の購読者に加わりましょう

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。