「お知らせ」 ※お知らせの後にコンテンツが表示されます
当店の新型コロナウィルス感染症拡大防止対策について

当店ではお客様にご安心して御来店いただけるよう新型コロナウィルス拡大防止対策を行っています。

詳細は【新型コロナウイルス対策について】をご覧ください。
03-3706-4380

ヘナはおばさんだけがやるものなのか

たまにヘナをよく知らない方が言う事で

「ヘナカラーなんて古い施術」

「ヘナは正直ダサい」

「ヘナは綺麗に染まらないから」

「ヘナは赤い」

「ヘナはおばさんくさい」

などなど、、、ある一部で言われる方や思ってる方がいます

多分そんな方はヘナをよく知らないか、逆に体験した事がないか、あるいは、ヘナをよく知らない美容室でヘナをして、偽物の科学的なヘナをしてしまったか、、

そんな気がしてなりません

あと、たまに、ヘナをしたら、ギシギシにガサガサになったーって方がいます

それはですね、多分、その方の髪が、普通のカラーリング剤や、パーマや、縮毛矯正ストレートパーマなどで、髪の毛がダメージ毛になっているからかま

ダメージ毛に天然ヘナを付けると、一時的にキレート作用がおこり、きしみます

それは、傷みにヘナがしっかりつくので、きしんでしまうのですか、二、三週間に3回くらい、ヘナをすると、逆に見違えるほど髪がサラサラになり、手触りが良くなります

天然のトリートメントとはそうゆうもんなんです

「ヘナは古い技術」とか言ったり、おばさんがやるものっていう方もいますが、

今は、環境やストレスのせいで、アレルギー体質、若白髪や、また、髪が薄い若い子が実際 増えているんです

そんな子が普通のアルカリのカラーリングをするとたちまち、髪も頭皮もぼろぼろに傷みます

うちのお店では、そういった、若い子がヘナカラーに興味をもち、やる方がいらっしゃるいます

最近は20代から白髪がある方もいらっしゃるんです泣

また、今の50代、60代、70代以上の方は、超美意識が高いので、髪を綺麗にしてくれる、魔法の様な白髪染めのヘナカラーを好まれる方が多いし、実際、うちのお客様は、髪の毛が半端なく綺麗な方ばかりです

むしろヘナカラーは、今の世の中、なくてはならない、白髪染めだと思っています

The following two tabs change content below.

山本 真由美

北海道生まれ。某化粧品会社に7年在籍後、美容師となる。1999年世田谷区経堂にHAIR Couleur Claireをオープン。NPO法人日本ヘナ協会プロフェショナルの資格を取得。天然100%ヘナを始めヴィーガン認証パーマなど優しい素材でお客様の毎日が楽しくなるヘアスタイルを提案しています。

最新記事 by 山本 真由美 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました