冷え性と女性ホルモン 美容師は冷え性

シェアする

台風で今まさに風がひどい世田谷区です

みなさん大丈夫でしたか?

私はおやすみでした。午前中、スパ成城にバスを使い行ってきました

なんか、ずーっとクーラーの中にいるから、休みの日は温めたいです。

冷え性と女性ホルモン

冷え性の原因には、女性ホルモンが深くかかわっていると言われています。更年期の時期など女性ホルモンが低下することによりおこる、手足などの末端は冷えるのに首から上がのぼせたり多量の汗をかく。自律神経の乱れ機能低下は、女性ホルモンのバランスを崩し、末端が、冷えるみたい

ホルモンバランス

ホルモンバランスの乱れが原因で冷え性になっている割合は・・・女性70%、男性30%

あたたまりたいと思って、湯船に浸かってもすぐ、冷えてしまう、、、

ホルモンバランス整える努力が、やはり必要かも

体を冷やす物は使うものをやめて、温める作用を持つ物を積極的に選んで使うようにすれば、症状の改善が期待できるみたいです

一般的な考え方としては、末端冷え性の方には、南の地方で取れる種類の野菜や、夏にできる野菜などは避けて、寒い季節や地方でできる野菜を選ぶと良いと言われています

具体的に良いものを調べました

根のもの、発酵したもの、土を連想するようなものが多くあります。ショウガ、ニンニク、ネギ、根菜類(ゴボウ、ニンジン、山芋、レンコンなど)、味噌、しょうゆ、塩、など。

血流にいいのは?

ビタミンEは抹消血管まで血液が流れるように赤血球の形を変えたり、血管を広げる働きがあり、血液の循環を促進します。
抹消血液量が増加すれば、手足の冷えが緩和されます。
その他、血行不良からくる肩こりや月経不順などにも有効

ビタミンEの多い食べ物
カボチャ、アボガド、うなぎ、モロヘイヤ、赤ピーマン、大根の葉、
ナッツ類(アーモンド、ピーナッツ、ヘーゼルナッツ、松の実など)、
あんこう肝、ツナ缶詰、鮭、など。

これから、秋にむけで、夏冷やした体の影響で、体調くずれることがあります

なるべく温めましょうね

The following two tabs change content below.
山本 真由美
北海道生まれ。某化粧品会社に7年在籍後、美容師となる。1999年世田谷区経堂にHAIR Couleur Claireをオープン。NPO法人日本ヘナ協会プロフェショナルの資格を取得。天然100%ヘナを始めヴィーガン認証パーマなど優しい素材でお客様の毎日が楽しくなるヘアスタイルを提案しています。
山本 真由美

最新記事 by 山本 真由美 (全て見る)

ブログをメールで購読

メールアドレス入力で更新メールでお知らせ

3人の購読者に加わりましょう

シェアする

フォローする