ヘナは白髪にはオレンジ色に入ります オレンジにしない方法は

ヘナをうる覚えで知ってる方は「ヘナ=オレンジ色にしか染まらない」と躊躇されている方もいらっしゃると思います。

そんな方のために、今回はヘナカラーの色についてご説明したいと思います。

まず、ヘナ単体自体はオレンジの色素になります。

ですが、インディゴ(紺色)の色素を持つナンバンアイ葉や、様々な色素を持つハーブを組み合わせることで、白髪をライトブラウン~ダークブラウンへ染色することができます。インディゴがブレンドされることにより、ヘナ単体よりもハリコシUPの効果もあります。

ヘナには脱色効果はありませんので、黒髪を明るくすることは出来ません。

一度でびっくりするような変化は難しいかもしれませんが、2~3回と回数を重ねることで色味だけでなく、頭皮や髪の状態もゆっくりと安定してくると思います。

その人自身の髪の状態により発色の違いはありますので、気になる方は是非お気軽にご相談ください!

うちの店のオーガスタに赤ちゃん生まれました😊

見に来て下さい。

The following two tabs change content below.
山本 真由美
北海道生まれ。某化粧品会社に7年在籍後、美容師となる。1999年世田谷区経堂にHAIR Couleur Claireをオープン。NPO法人日本ヘナ協会プロフェショナルの資格を取得。天然100%ヘナを始めヴィーガン認証パーマなど優しい素材でお客様の毎日が楽しくなるヘアスタイルを提案しています。
山本 真由美

最新記事 by 山本 真由美 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました