ヘナはカラーじゃなくて、薬草に近い

シェアする

アルカリカラーのアレルギー

最近カラーリング剤でのアレルギーが多いようです

市販のものでも、美容室のものでも、カラーリング剤の中に入っている、パラフェニレンジアミンで、アレルギー反応を起こす方がいます

そんなかたは、ヘナがよいかも!

なぜなら

ヘナは科学的にというより伝承医学での薬品です。

インドでは5000年前から使い続けられているものです。インドなどの民間療法としては、傷口の塗り薬として使ったり、利尿剤として飲んだりされているそうです。

ヘナは薬草

髪に対しては地肌と髪を健康にする用途で使われています。ですから、ヘナは漢方薬と同じように「薬草」考えていいものです。

もちろん、ヘナに対して植物アレルギーがある人にとっては害となるのでパッチテストは欠かせません。

うちの店では、必ずパッチテストをしてもらってからの施術となります^ ^

興味あるかたは、遠慮なく、パッチテストにいらして下さいね

乾燥の季節が近づいています

なぜ冬は乾燥の季節なんでしょう

夏はムシムシとした暑い季節なのに、冬になると寒く、空気が乾燥し、髪も肌もカサカサになってしまうなぜでしょう

それは日本の地形が影響しているそうです

冬になるとシベリアの方から非常に冷たい湿った高気圧が日本海側に降りてきて、たくさんの雪を降らせます

雪が降った後の水分の抜けた冷たい空気だけが、山を越えて太平洋側に焼き付けるため、太平洋側は乾燥して冷たい北風となるのです

暖房器具を使用することによって肌と頭皮はさらに乾燥してきます

東京の冬は年々乾燥してきていて湿度が低下しています

12月の平均湿度がここ100年でほぼ半減しています

冬の東京は砂漠並みに乾燥してるといっても過言ではないってききました

肌も地肌も保湿が大切

肌はとにかく 保湿!保湿!保湿!

じゃ髪は??

シャンプーなどは、強い洗浄力のものを使うと、途端に頭皮がカサカサになって、フケが出やすくなります

オーガニックのなるべく優しいものを使ってね

ヘナをすると頭皮状態も良くなるし、髪もしっとりとサラサラに!

乾燥から、髪を守ってくれます

The following two tabs change content below.
山本 真由美
北海道生まれ。某化粧品会社に7年在籍後、美容師となる。1999年世田谷区経堂にHAIR Couleur Claireをオープン。NPO法人日本ヘナ協会プロフェショナルの資格を取得。天然100%ヘナを始めヴィーガン認証パーマなど優しい素材でお客様の毎日が楽しくなるヘアスタイルを提案しています。
ブログをメールで購読

メールアドレス入力で更新メールでお知らせ

3人の購読者に加わりましょう

シェアする

フォローする