眠れない時は「感謝日記」

シェアする

季節の変わり目です

体調を壊したと言ってるお客様が多いです

たくさん睡眠取れたらいいですね

経堂は、雨が降っています。

私は寒い秋から、冬にかけての雨が嫌いです

それは、寂しくなるから、、、

不定愁訴

だって、すごく寂しい気持ちになり、落ち込みます

年齢的に同じくらいの人ならわかるとおもいますが、

不定愁訴で、気分も落ち込みやすいです、

私たちの年齢に、なると、悩みなんかも、複数でてきますよね、

子供のこと、(進学や、思春期など

親のこと、(健康、介護など

自分のこと(更年期に、さしかかる時の、色んな不定愁訴

ついつい、がんばりすぎちゃて、心も身体も弱ってしまっちゃうなんて、方も多いですよね

悩んでもしょうがないんだけど、ついつい、特に夜なんか、悩んでドツボにハマることが

今日も、同年代とお客様とそんな話をしていました!

何もしたくない日が沢山あるねーって!

今まで楽しかった趣味も楽しくなくなって、一か月おやすみしてるって

そこで、おもいだしました

小林正観さん

私の好きな   小林 正観さんの本の中から、私が助けてもらった、言葉を、抜粋します

自分に起こることは、すべて正しいと思っていい

将来こうなったらどうしよう、ああなったらどうしよう、過去に違う選択をすれば良かった、、、そんな風に思い煩う人は多いですよね

けれど、それは、まったく、無意味なこと、私達にできることはたたひとつ。

念を入れて生きる

ということだけなのです

念と言う文字を分析すると、今の心 になります、

今の心とは、今、目の前にいる人、目の前にあることを、大事にする心のこと。

目の前に、あることを、一生懸命やりなさい

と言うことにほかなりません。それは言葉を換えて言えば、実践 ということです。

お釈迦様も、

過去を追うな、終わってしまったことに縛られるな。まだ来てもいない未来にわずわされるな。今というこの一瞬、今というこの一瞬、今日というこの一日を大切にして生きよ

とおっしゃってました

なかなか、凹んでるときは、素直におもえないけど

不安になったときは、この、言葉を頭のなかで思うようにしてます

感謝日記

これもお客様と話していたのですが

「感謝日記」を書くとよいみたいなんです

心の余裕を作るにはどうしたら良いかと最近、色々と調べてみたんです

そうしたらよい記事に巡り会えました

その記事によりますと

最も大事な事は感謝なのだと!

どのようにすれば幸福度が上がるのか?また、幸福度が上がることによって不安や緊張がなくなるということが明らかになっているそうです。

他人への感謝は不安や緊張による失敗を無くしてくれて、その結果として幸福があとからやってくるということです。

だから、感謝の日記を書くのが良いって書いてありました

これは、動物に対してでも、抽象的なものに対してでも、なんでもよいみたい!

自分が何に対して感謝しているのかという日記をつけるだけで幸福度も増して良い効果を得ることが出来るみたいです

1週間に一回!感謝の日記を書けばよいみたい

感謝こそ、人のためでは、なく、自分の為にもなるみたいですよ

寝る前に色々考えちゃうから、余計眠れなくなる、、、これは、わたしなんかはよくあります

感謝の日記により、眠る前に不安や反芻思考が湧き出てくる現象がなくなるかたが、とても多いみたいなんです!

わたしもやってみたいとおもいます

「感謝日記を週一で!」

ちなみに、今日の晩御飯の春巻き(^_^)

The following two tabs change content below.
山本 真由美
北海道生まれ。某化粧品会社に7年在籍後、美容師となる。1999年世田谷区経堂にHAIR Couleur Claireをオープン。NPO法人日本ヘナ協会プロフェショナルの資格を取得。天然100%ヘナを始めヴィーガン認証パーマなど優しい素材でお客様の毎日が楽しくなるヘアスタイルを提案しています。
ブログをメールで購読

メールアドレス入力で更新メールでお知らせ

3人の購読者に加わりましょう

シェアする

フォローする