問いたい 優しさってなんですか?

午前中に息子が髪を切りに来ました。

4月には、就職で、家を出る息子

あと何回 髪を切って上げられるんだろうって考えたら、泣きそうになるよ 笑笑

大きくなっても息子は可愛いよね

普段あまり話す機会がないから、息子の髪を切る時は、ずーっと小言を言ってしまう母です

あれはどうなってんの?とか、ちゃんとあれやってんの?とか、あまり飲み過ぎちゃダメだとか、あれ食えとか あれ食うなとか、、、

息子はうんざりした顔で、聞いてるか聞いてないかわかんないけど、空返事ばかりですが、笑笑

息子から、「優しい母さん」って言われた事は一度もありません 笑笑

「うるさいなー少し黙って!」と注意を受ける事は良くあります。

優しさってなんなんだろうね

優しいって言葉を誰でもよく使うけど

優しいって、多分一言で言うと

「思いやりがある」とか、「親切」とか、「相手が喜ぶような気配りをする」とか

そんな感じなのかなー

特に私なんかは単純だから、困っているときに助けられると「優しい人だ」と思うってしまう

でもさ、困っている人を助ける事が必ずしも優しいとは限りません。

相手は、見返りを求めて、親切に接しているのかもしれないし、

なんか、下心があって近づいているのかもしれませんよねー

騙そうとして、優しく接してるのかも!

詐欺とかにあった方がよく、言葉にするねは、「あんな優しい人が、、、」ってよく聞きます!

じゃあ

本当の優しさとは何かな?

損得勘定なく、相手のために接することだと思います。

見返りがなくてもいい。

お礼を言われなくてもいい。

嫌われてもいい。

相手の幸せを心から願って接することが、本当の優しさじゃないかなぁ

厳しく接することもあるし、ウザいくらいにシツコイ時もあるし、

表面上は厳しく見えても、相手の幸せを願うなら、本当の優しさだと思う。

親が子供のために厳しく叱るのも、優しさだよね

子供の事を考えて一生懸命になるからね

「子供に嫌われたら、ヤダな~」なんて思ってないもんね 無償の愛だから

先生や友達が、厳しく叱ったり、注意するのも実は優しいといえると思う

相手の幸せを願って接することが、本当の優しさ

損得勘定なく、誰かのために尽くすことができているのかなー私は、、と反省です。

人間だから、損得を考えちゃうのは、仕方ないよね

でも、優しい仮面はいけないね

なんて、思った昼下がりです(^_^*)

ブログをメールで購読

メールアドレス入力で更新メールでお知らせ

4人の購読者に加わりましょう

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。